大豆の効果

栄養補助食品

効率よく摂取する

大豆が体によい、とはかなり前から言われていることです。しかしいくら大豆食品を摂取しても何も変わらないという人がいます。大豆にはイソフラボンが含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンに似た効果があるため、イソフラボンを摂取することで脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減させることができると言われています。しかし、イソフラボンの効果があまり見られない人もいます。これは大豆イソフラボンが人間の腸で吸収される際に起きることに関係があります。大豆イソフラボンのまま吸収される人とエクオールという成分になって吸収される人がいます。このエクオールとして吸収される人はイソフラボンの効果も出やすいと言われています。大豆イソフラボンをエクオールに換えてくれるのが腸内フローラです。腸内フローラの中にエクオールに変換してくれる細菌がいることが分かりました。この細菌が腸内にいない人はエクオールを作ることができません。そこで大豆イソフラボンをエクオールに換えるためにサプリメントでカバーをするということが可能になりました。腸内環境を整えることによって、サプリメントの力を借りることもなく、エクオールを作ることができれば良いですが、それはちょっと難しいです。だからこそ、サプリメントで対応をするという方法を考えてみるとよいでしょう。エクオールが体に吸収されれば、より心筋梗塞や脳梗塞の予防をして利用をすることができるようになるでしょう。